病院からのお知らせ
脊髄疾患治療のご案内

当院では脊髄疾患治療に経験豊富な専門医がご相談にあたります。

お問い合わせ

ガン治療のご案内

当院では、がん治療に際し、正常細胞に影響を与えずに癌細胞の核濃縮・細胞 死を誘導する高濃度ヴィタミン療法や、身体的、精神的苦痛を軽減し、人生の質を向上することに主眼が置かれたターミナルケアなど、幅広いがん治療を行っています。

お問い合わせ

がん治療

超高濃度ビタミンC点滴療法

2005年、NIH(アメリカ国立衛生研究所)の科学者が衝撃的発表をしました。
その内容は、高濃度ビタミンC点滴が、がん細胞に対してだけ選択的に毒性として働くというものでした。超高濃度のビタミンCは抗がん剤の一種です。
ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮します。その際大量の過酸化水素を発生させます。正常な細胞は過酸化水素を中和するが癌細胞は中和できずに死んでしまうというという特性を利用した治療法です。
ビタミンCは通常の抗がん剤と異なり副作用がないのが特徴です。がん細胞に対して選択的攻撃性が強く、現在がん手術後の再発予防、がんの新たな補助療法としてNIHにて研究が進められている最先端のがん治療法です。

超高濃度ビタミンC点滴療法の実際

超高濃度とは?

超高濃度ビタミンC点滴療法は大量のビタミンCを一気に血液に投与する事で濃度を急上昇させるのがポイントで一般の薬局で販売されているビタミンCでは一定濃度まで至らないため抗がん作用は望めません。

  • 外科手術後のビタミンC点滴投与 ・・・・・1g
  • 美容整形外科の美白点滴 ・・・・・・・・・5g
  • 超高濃度ビタミンC療法 ・・・・・・・・・60g

副作用が無い!!

添加物に使われている薬品を大量投与した場合、副作用を引き起こす可能性が高いので、抗がん作用目的での高濃度ビタミンC点滴療法の場合、防腐剤等を一切使っていない純粋なビタミンCを使用します。よって、次のような方にお勧めしています。

  • 有効な治療法がない方
  • 抗がん剤や放射線治療の無効の方
  • 抗がん剤や放射線治療と併用する方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用が強くて続けられない方

ノーベル賞受賞者が開発!!

1954年ノーベル化学賞(化学結晶構造)と1962年ノーベル平和賞 (原水爆反対運動)と2つのノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士(1901-1994 米国)は、ガン患者にビタミンCを投与し、延命効果があると発表。しかし、メイヨークリニックのガン研究者はビタミンCを投与しても延命効果はなかったと発表したため、ビタミンC療法は研究者の関心から30年間封印されていました。しかし、ポーリング博士はビタミンCを点滴とサプリメンとで投与していたが、メイヨークリニックの研究者はサプリメントしか投与していなかったという決定的な違いがあったのです。ライナス・ポーリング博士の方法でビタミンCを点滴で直接血管から体内に入れると、血液中のビタミンC濃度をサプリメントの場合に比較して数十倍に高めることができるのです。

2008©TSUMOTO CLINIC All rights reserved.

プライバシーポリシー